准看護師の資格取得の難易度

准看護師の勉強は難しい?

准看護師の資格取得の難易度

准看護師の資格を取得することはどのくらい難しいのでしょう。

過去の准看護師の試験における合格率を見ると、90%前後というところです。この数字を見ると、他の資格に比べても、合格率はかなり高いと言えるでしょう。

准看護師試験の合格基準として、試験問題の6割以上の正解が必要と言われていますが、基本的な学習をきちんとやっておけば、まず間違いなく合格する試験といってよいでしょう。

准看護師を養成する教育機関は、専門学校については2年制が殆どですし、高校の衛生看護科については普通高校と同じく3年制です。看護師の資格と比較すると、准看護師資格の難易度は低く、取得はしやすいようです。

では、准看護師試験を受験するために必要な条件である、養成機関合格の難易度はどうなのでしょうか。 学校によってバラツキはありますが、通常の高校受験や専門学校受験と同じようなもの、と考えて良いでしょう。もちろん難易度の高いところは、相応の学力が必要になります。 試験科目については、どちらかというと理数系が得意な方に有利な傾向がありますが、総合的にバランスの良い学力があれば問題ないでしょう。また、近年は英語と数学の問題が難しくなってきているようです。

准看護師には、患者さんの処置だけでなく、精神的なケアのスキルも求められています。近年浸透してきたチーム医療の観点から、スタッフ間でのコミュニケーションスキルも大切になっています。 患者さんだけでなく、そのご家族に対する気配りも必要になります。こういった面を重視して、最近では試験科目に作文や面接を取り入れている学校も増えています。

将来准看護師になりたいと考えている方は、上記のような傾向を押えて対策を講じておく必要があるでしょう。自分に合った教育機関を見つけるために、准看護師専門の就職専門サービスに相談してみるのもよいのではないでしょうか。専門のスタッフが、自分に合った教育機関を見つけるアドバイスをしてくれますよ。