看護師退職時の健康保険について

健康保険の加入方法は?

看護師退職時の健康保険について

看護師の仕事を退職することになったら保険についても気になりますよね。 健康保険は、働いていれば職場を通じて加入する形になります。 ですが、退職をすると抜けることになってしまうわけなので、対策を取らなければなりません。

そんなに病気にならないし加入しないままで良いのでは?と思っている方もいるかもしれませんが、日本は「国民皆保険」という形になっているため、必ず健康保険に加入しなければならないのです。

それに、病気やけがというのはいつ起こるかわかりません。 ただ歩いているだけでも事故に巻き込まれてしまう可能性がゼロではないため、なにかあった時に治療費を全額自分で支払わなければならないというのは大変なことです。

そのため、退職後はすぐに健康保険に加入しましょう。

健康保険の加入に関しては3つの方法があります。 まず、それまで加入していた健康保険を任意に継続するというものです。 そんなことができるの?と思う方もいるかもしれませんが、退職した翌日から20日以内に手続きを行えば継続することが可能です。

ただし、加入していた期間が2ヶ月以上あるというのが条件となっているため、このあたりは注意しておきましょう。 また、最長で2年間しか加入できません。

2つ目の方法は、国民健康保険に加入するということです。 国民健康保険の保険料は前年度の所得によって計算され、それを支払う形となります。

そのため、前年度の所得が多い場合は保険料も高くなってしまうわけですね。 国保の保険料を調べた上で、考えたいという方もいるかもしれませんが、そういった場合は市区町村の国民健康保険の担当に電話してみましょう。

三つ目の方法として、家族の健康保険の被扶養者になるというものが挙げられます。ただし、こちらは年収130万円未満でなければならないため、この条件に該当するか確認しましょう。

もともとの健康保険を任意継続した方が安いのか、国保に入った方が良いのかは人によって違うため、よく確認した上でどちらを選択するのか決めた方が良いですね。